トップページ > 根拠に基づくツール

根拠に基づくツールTools

根拠に基づく5つのツール

私たちは、12年間におよぶコホート研究により、約36,000人の保護者と子どもから詳細なデータを取得し、子どもの健やかな成長に影響する要因を分析し、5つの支援ツールを開発するとともに、その根拠を実践の場で生かす方法について整理しました。

これら5つの支援ツールと支援設計を活用することにより『子どもと保護者の真のニーズの見極めと気づき』による「的確な実践」「実践の評価」「よりよい実践へのフィードバック」という支援ループを活用した『根拠に基づく実践』の展開が可能になります。また、特段の配慮を要する子どもを早期に把握し、他機関と連携した質の高い支援を継続的に実施し、評価することができます。以下に5つの支援ツールの特徴を紹介します。
※紙ベースの各ツールは、「ツールのダウンロード」よりダウンロードできます。
※WEB版は、SITE MENUの「WEB園児支援システム」をクリックしてご確認ください。

一般発達評価票
遠城寺式乳幼児分析的発達検査法、デンバー式発達検査、新版K式発達検査など、 既存のさまざまな発達検査で使われている項目を参考に、複数の保育専門職の討論により、担当の専門職が評価できる項目に変更し、月齢順に並べたものです。満7歳までの「運動発達」「社会性発達」「言語発達」の3領域を設けており、それぞれ2つの小領域に分けてチェックできます。子どもを総合的に評価することで、子どもを客観的に捉えることができます。

社会的スキル尺度
就学前児を対象とし、社会的スキルの個人差を測定することができます。欧米の先行研究で繰り返し認識されている協調・自己制御・自己表現の3因子構造をもち、高い内的一貫性及び経時的安定性が示されています。また、併存的妥当性及び予測的妥当性が確認されています。

気になる子どもチェックリスト
子どもの全体的な理解と、支援が必要かどうかを見極めるために、実践の場の保育専門職の経験に基づいて作成されました。33項目あり各項目毎にその背景要因をチェックすることができます。

育児環境評価票
人的かかわり、社会的かかわり、社会的サポート、制限や罰の回避の4領域13項目で構成され、0〜6歳児の保護者を対象として活用することができます。育児環境評価HOME(Home Observation for Measurement of the Environment)の枠組みをもとに項目と領域が設定されており、日本での家庭訪問調査によりHOMEとの基準関連妥当性、将来の発達や気になる行動等との予測妥当性が検証されています。

保育環境評価票
「多様な保育ニーズ」に対応できる「専門技術の向上」を目指して開発しました。「子どもの最善の利益」を実現するために、子どもと保護者の多様な二一ズに応えるエキスを整理しています。日常の保育の質を向上させるための自己評価に有効なツールとして活用できるものです。

ページトップへ戻る

総合的な子育ち子育て支援のために

根拠に基づく5つのツールは、独立したツールとして活用することもできますが、「子どもにとって最善の利益」に向けて、複合的に活用し、総合的な子育ち・子育て支援を行うことが有効です。

例えば、全国夜間保育園連盟の「長時間におよぶ乳幼児保育の子どもの発達への影響に関する5年間追跡研究」は、発達評価ツール(一般発達・社会的スキル・気になる子どもチェック)と育児環境評価ツールを複合的に活用した取り組みです。新聞やマスコミなどで広く紹介され、厚生労働省などからも客観的な研究として高く評価されています。

また、「保育環境評価ツール」を活用し、「質の高い保育サービス」の提供に向た具体的な項目を確認することができます。例えば、園の職員研修で利用することにより、新人専門職でも中堅専門職でも、質のばらつきが少ない支援の提供が可能となるでしょう。

保育の実施は、専門職にとっては、子どもの健やかな育ちに直面し、さまざまな難しい場面に遭遇することもあるでしょう。つねに客観的な視点で現状を捉える眼を磨きつつ、よりよい支援のあり方を検討していく必要があると考えられます。

子育ち・子育て支援のプロ




自らの点検と評価:PDCAの実行

P PLAN 目標を定め、その目標に沿って計画を立てる。
D DO 計画を実行する 。
C CHECK 結果の確認・評価。
A ACTION 効果が上がらなかった点の改善。
ページトップへ戻る

評価ツールの可能性

発達評価ツール(一般発達・社会的スキル・気になる子どもチェック)、育児環境評価票、保育環境評価ツールは、日ごろのかかわりの様子を記述する「質的な検証」にも、また数字として全国のデータと比較するなど「量的な検証」にも、利用できます。 質的検証と量的検証を複合的に組み合わせることで確実な支援を実行する可能性が大いに広がるでしょう。


ページトップへ戻る

SITE MENU